--- lang: ja-jp title: Make CJK Feature Names description: Mac application that generates code for localized names of Stylistic Sets. tags: OpenType, Glyphs, japanese --- # Make CJK Feature Names * Stylistic Setのローカライズ名用コードを自動生成するMacアプリ * CJKのローカライズに対応 ## ダウンロード [Make CJK Feature Names - v1.0.0 - 6.4MB](https://tama-san.com/dl/files/Make-CJK-Feature-Names-100.tbz2) * システム要件:OS X 10.9以降 * **注**:解凍後、アプリを選択し、右クリックメニューの[開く]を選択してください。 ## 何をするアプリ? OpenTypeフォントのStylistic Set(ss##)は、ローカライズ名を仕込めます。 ![](https://i.imgur.com/gwONggR.png) 英語以外のローカライズ名を仕込むには、下記のようなコードを書かなければいけません。 ``` featureNames { name "ss01 English Name"; name 3 1 0x411 "ss01 \65E5\672C\8A9E\540D"; }; ``` 面倒なので、コードを自動生成するアプリを作りました。 ## 機能 [コードを生成して、Glyphsにコピペで仕込むまでの操作ムービー(29秒)](https://tama-san.com/movie/make-cjk-feature-names-demo.mp4) * リストの該当箇所にローカライズ名を入力するだけ。 * リストの名前が空欄なら、その言語は生成しません。 * 不適切な文字を削除して生成するので安心。 ## Stylistic Setのローカライズ名表示対応 Stylistic Setのローカライズ名表示に対応しているものは以下の通り。 * InDesign CC 2017(v12)以降 * Illustrator CC 2018(v22)以降 * macOS標準のタイポグラフィパネル ## インストール 解凍後、アプリをアプリケーションフォルダなどへコピーします。 ## 参考 * [Glyphs Tutorials - Stylistic Sets](https://glyphsapp.com/tutorials/stylistic-sets) * [8.c. Descriptive names for Stylistic Set features (ss01 - ss20)](https://adobe-type-tools.github.io/afdko/OpenTypeFeatureFileSpecification.html#8c-descriptive-names-for-stylistic-set-features-ss01---ss20)