# MIS.Wの情理による情理のための情理言葉辞典 と 盛大なおまけ <div style="text-align:right;">Written by <font color=cyan>SUAN</font> and <font color=blue>Airone</font></div> # これは何? これは<a href="https://adventar.org/calendars/4121" class="color">mis.w 53rd Advent Calender 2019</a>の元々19日目用の記事です。 SUANとかいう人が日程を交換しまくって7日目になりました # MIS.Wの情理による情理のための情理言葉辞典 ## こーでぃんぐうゆち ラーニングコモンズの意。コーニングラモンズらへんからの打ち間違えが語源。ソエキさんに今いる位置を伝えるときに打ち間違えた模様。 ラーニングコモンズ → コーニングラモンズ → コーディングラモンズ → こーでぃんぐうゆち うゆちどこから来たんだよ、<span class="star5">💩</span>かよ ## <a href="https://twitter.com/search?q=%23%E4%BB%8A%E6%97%A5%E3%81%AE%E3%82%BD%E3%82%A8%E3%82%AD&src=typed_query" style="color:black;">#今日のソエキ</a> <a href="https://twitter.com/_soeki">ソエキさん</a>の珍行動を総称した言葉。理工学基礎実験中にかき氷を作ったりなど、その珍行動は多岐にわたる。なお、本人は全ての事象がデマだと発言をしているが、決してそんなことはない。第三者委員会も「本当のことだ」と表明している。 ここはおまけとして末巻に付属しています。 ## 我慢する これは多義語である。 ![](https://i.imgur.com/DX7QKC9.png) 情理では来るべき授業を家で過ごすなどの場合に「実験を---する」、「試験を---する」のように使用する。学校へ来たい気持ちを我慢するのだから誤用ではない。 ちなみに、一度実験を我慢すれば次からは実験を家で過ごすことが許されるので我慢する必要がなくなる。大変[お得](https://www.google.com/search?hl=ja&sxsrf=ACYBGNRov7BXznmPxo4c5EBhnA9lXGw4-Q%3A1575288147484&source=hp&ei=U_3kXcv9Gqy9hwOy_4uQAg&q=%E5%86%8D%E5%B1%A5%E4%BF%AE%E4%B8%8D%E5%8F%AF%E9%81%BF&oq=%E5%86%8D%E5%B1%A5%E4%BF%AE%E4%B8%8D%E5%8F%AF%E9%81%BF)である。 ## ヨンタクロース Twitterのアンケートが4択であることを起源とする。3択でアンケートを作成した場合は、サンタクロースである。 ## テニススクールをやめてきた 情報理工学科に所属すると、試験や課題により多忙となる時期がある。そんな時はテニススクールをやめることをお勧めする。テニススクールをやめることにより、フリーな時間が生まれ、試験や課題に**心から**取り掛かることが可能となるのだ。 ## テニススクールをやり始めた 情報理工学科での多忙さから一時期テニススクールをやめることがあるだろう。そんな多忙な情報理工学科だが多忙ではない時期ももちろんある。そんな時にはテニススクールを再度始めてみてはいかがだろうか。 ## 課題をください 情報理工学科(別名、情報課題学科)は、課題がない時期がないと思われがちであるが、課題がない時期ももちろん存在する。そんな時期に発せられたのがこの言葉。課題に一度でも侵されたらこの言葉を発してしまう病気にかかるらしい。 **「今週は課題が2個しかないんだけどもっとちょうだい?」** ## 署名を必ず書いてください。 理工学基礎実験、情報理工実験という言葉をご存じだろうか。総称して実験と表記することにする。これら実験では、実験のみを行うピュア実験、レポートが付きまとうストーカー実験、試問が行われるパワハラ実験の3種類が存在する。そのストーカー実験では表紙に名前、気温、湿度、共同実験者を記入しなければならない。ここで名前だけを書き忘れて提出をするとこの言葉を得ることができる。**ウルトラレアな称号だ。** 最初は1人だけだったようだが、自己繁殖能力があるらしく今年では3人くらいに増えていた。 勇気のある君は是非とも名前だけを記入せずに提出してこの称号を得てもらいたい。 ## <a href="https://twitter.com/apt_get/status/1151033658708561921" style="color:black;">早 稲 田 大 学 情 報 理 工 学 科 特 別 幼 稚 園 組</a> 情報理工学科に入ると二種類の人間に分かれる。大学生のままの状態を保てる人種と、幼稚園児に変身してしまう人種だ。後者の人種を取りまとめているのがこの特別幼稚園組である。特別幼稚園組に所属する学生は小学1年生以下の子供たちがよく発する言葉を発し、それを聞くと笑うというとても単純な思考回路になる。不思議な病もあるものですね。 ## 上杉謙信 人名だと思ったそこのあなた!まだまだですね。これでは情理マスターにはなれないですよ? これは作っているプログラムが描画するUIが思っていた位置よりも上すぎたときに発せられる言葉である。 **UI上すぎ上杉謙信** ## ご飯食べるのにお金って必要だっけ? 無法地帯である情報理工学科では無銭飲食は当たり前(語弊有)なので、まぁ当然の発言といえば当然である。() ましてや<a href="https://twitter.com/whmis_w">白さん</a>が言うのだから**世界の心理**である。 成り立ちは当時おバカだった<a href="https://twitter.com/whmis_w">白さん</a>がSUAN企画の旅行に行っていたときの初日、夕飯を食べに行こうとしたときに「え?ご飯食べるのにお金って必要だっけ?」と発言したものである。 ## ダビる <div class="homerun"> <div class="visible"> <div class="dabi"> <p class="dabi">ダビる?</p> <p class="dabi">タピる?</p> </div> </div> </div> <br> <br> <br> **意味** : <a href="https://kids.yahoo.co.jp/games/sports/013.html" style="color:black;">くまのプーさんのホームランダービー!</a>をすること。 噂によれば、ダビりんぐの流行に乗りすぎてしまい、事前に注意を受けていたにもかかわらず試験中にダビってしまった人もいたという。 試験監督TA「さすがにそれはやめてください」 ちなみに某ァーにのみ使うことの許された用語として、ラスボスであるクリストファーロビンとの闘いのことを指して、「**己との闘い卍**」と使う用語も存在する。 ![](https://i.imgur.com/Ym8Ycih.png) ちなみに、プーさんのことを尊敬して**プニキ**と呼ぶことがある。 <br> <br> <br> <br> ## <span class="color">Yahoo! Adults</span> 言わずもがなYahoo!Kidsの大人バージョンである。 子供には到底到達することができないリンクを貼っておく。 https://adults.yahoo.co.jp ![](https://i.imgur.com/ctJJTfN.jpg) <br> <br> <br> <br> ## 斜度キツイ坂ブンブク ### この言葉の成り立ち この用語を解説するためにはまず長い長いストーリーについて語る必要がある。 まずは下の画像を見てほしい。 ![](https://i.imgur.com/2EL9E2A.png) この写真はwindowsの標準の壁紙の中の1枚なのだが、気持ち悪いという感想を抱いた方も少なからずいるだろう。(実際"Windows 壁紙 気持ち悪い"で検索するとこの画像が出てくる。) 実はこれ、ウニの死骸の写真なのである。 しかし何を思ったのかAirone君はこの写真をみて、 <font size=30px color=red><b>「ブンブクチャガマじゃん!」</b></font> などと意味不明な発言をしたのである。 「ブンブクチャガマ」を皆さんはご存知だろうか? ![](https://i.imgur.com/fKH3Obx.png) この童話の方のぶんぶんくちゃがまなら知っているという人も多いだろう。 しかし、Airone君はどうやらそっちを指しているようではない。 Google先生に聞いてみることにしよう。 ![](https://i.imgur.com/ljULLag.png) <font size=20px color=red><b>えっ…。</b></font> なんだこの謎の物体は。 Google先生曰く「棘皮動物門ウニ綱心形目ブンブクチャガマ科」とのこと。 実際にウニの仲間ではあるようだ。(最初の壁紙とは似ていないが…) どの程度の知名度があるのかアンケートで調べてみた。 ![](https://i.imgur.com/pIVRIVg.png) どうやら一部の人は知っているらしい。 この謎の生物の正体が気になりすぎた我々は画像検索を用いて調査を開始した。 その結果出てきたのが、 ![](https://i.imgur.com/cmkKqPx.png) <font size=5px>**こいつである。 この模様、どうみても斜度がきつい坂によくついているアレである。**</font> (↓参考資料:アレ) ![](https://i.imgur.com/w5Gurjg.png) ゆえにこのブンブクチャガマは我々の独断と偏見によって斜度きつい坂ブンブクと名付けられた。 ### 解説 月面着陸ブンブクともいう。(ヒラタブンブクのこと。)アルゴリズムとデータ構造Aの前日、試験勉強をしている際に命名された。斜度がキツイ坂によくついている丸いへこみがよく似ていることからその名が来ている。また、月面に着陸したようにも見えるため、その名もついた。 <br> <br> <br> <br> # 付録1 <a href="https://twitter.com/search?q=%23%E4%BB%8A%E6%97%A5%E3%81%AE%E3%82%BD%E3%82%A8%E3%82%AD&src=typed_query">#今日のソエキ</a>大辞典 ここからは**ハッシュタグ今日のソエキ**のまとめです。 A:Aironeのコメント S:SUANのコメント --- ## 実験室のコンパス私物化事件 ![](https://i.imgur.com/D5HImBf.png) A: 正直一瞬空気が固まった。 S: 独占禁止法違反 変なところで躊躇うな --- ## 試験会場早期退出事件 ![](https://i.imgur.com/kubdC65.png) A: 「まさかもう完璧に解けたというのか!?」と思ったが、よく考えたらそんなわけなかった。 S: なお単位は一応取れた模様 --- ## 他の班の試問盗み聞き事件 ![](https://i.imgur.com/mak5K4N.png) A: 当たり前です。 S: TAに「(順番が来たら呼ぶから自分の)席に座りなさい」と言われて真横の椅子に座るソエキ氏、盗み聞きが発覚 --- ## 試問丸投げ事件 ![](https://i.imgur.com/UkeHAHQ.png) ![](https://i.imgur.com/ApionNa.png) A: なぜ早く試問に行きたがったのか…。 S: 「早く試問に行こうよ(Aironeに任せればいいや)」 --- ## 実験室でカキ氷作成事件 ![](https://i.imgur.com/Op4Llj4.png) A: 氷を取りに行かせたら、ソエキと一緒ににっこにこでSUANが帰ってきたので「どうしたの?」と聞いたところ、 SUAN「**わざわざ**スライスモードに切り替えてからかき氷を生成してた。」 と返ってきた。 迫真カキ氷マシン君「シャリシャリシャリシャリ」 なお実験室には「氷」と書かれた旗がはためいていた模様。 S: 横で見ていた身としては本当になんでわざわざスライスモードにしようとしたのかわからない 私が止めなければ**かき氷状態**で持っていこうとしていた。 プロのかき氷師は格が違う 前の人が使うかき氷マシン「ゴリゴリゴリゴリ」 ソエキが使うかき氷マシン「シャリシャリシャリシャリ」 --- ## 電車お見送り事件 ![](https://i.imgur.com/GUJTGUJ.png) A: 名人芸。 S: 今日のソエキのタグがリプでたくさんついている。 <div class="soeki">          </div> <div style="font-size:30px; font-family: monospace;">  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄↑ ̄ </div> <div class="soekipurupuru">         ソエキ </div> --- ## Qバーがひとりぼっちで可哀そうなので接続してしまった事件 ![](https://i.imgur.com/STPdhaI.png) A: その心優しさを他に生かしてくれ。 S: ソエキの<span class="soekiyasashii">やさしさ</span>は方向が違う --- ## 落とし物のペットボトル飲用事件 ![](https://i.imgur.com/eLmbElj.png) A: 論外。おまわりさんこいつです。 S: 落とし物のペットボトルを**開けて飲む**やつがいるだろうか しかもちゃんと**飲み切る**の好き --- ## 高校数学の初歩ができない事件 ![](https://i.imgur.com/ennXHs6.png) ![](https://i.imgur.com/YoFvNpi.png) A: **<a href="https://twitter.com/apt_get/status/1151033658708561921" style="color:black;">早 稲 田 大 学 基 幹 理 工 学 部 情 報 理 工 学 科 特 別 幼 稚 園 組</a>** S: 偶関数(偶関数とは言っていない) --- ## 試験諦め事件 ![](https://i.imgur.com/HxJHmsG.png) A: 余りに授業内容が分からな過ぎて、落単回避のために評価方法を見るの好き。 (余談だが、この前日にソエキ君は出会い系アプリで実の父親とマッチングして、二人で高級料理店にて日本酒を嗜んでいたという噂もある。) S: 勉強会が開催されているときには「前日になったら本気出す」と言っていた模様。 <a href="https://www.google.com/search?sxsrf=ACYBGNS__gAaZ_xYwk8LKMoHWhOmP-UoJw%3A1575288203552&ei=i_3kXZe0IY7h-Abs2pbgAg&q=%E5%98%98%E3%81%A7%E3%81%99%E3%82%88&oq=%E5%98%98%E3%81%A7%E3%81%99%E3%82%88" style="color:black;">(現実は出会い系サイトを使用して父親とマッチングしてとてもお酒を飲んだらしい)</a> --- ## レポート名無し事件 ![](https://i.imgur.com/M153Zdj.jpg) A: ペアの名前は書いたのに、自分の名前を忘れることがあるだろうか。いや、無い。(反語) S: 秋学期にはソエキ第2号も現れたらしい(<a href="https://twitter.com/apt_get" style="color:black;">SUAN</a>と<a href="https://twitter.com/INT77558349" style="color:black;">Hiramon</a>) <br> <br> <br> <br> # 付録2 早稲田大学理工キャンパス鍾乳洞説 もうちょっとだけ続くんじゃ。 ここからはわたくし、Aironeが偶然にも発見してしまった早稲田大学理工キャンパス鍾乳洞説について書いていく。 皆さんご存知の通り早稲田大学理工キャンパスは<span class="purun"><b>工場</b></span>と呼ばれている。 そのため、「あんな工場が鍾乳洞なわけないだろ!いい加減にしろ!」と思われて方もいるだろう。 <br> しかし、待ってほしい。 これから述べる有力な根拠を見ればきっとあなたも理工キャンパスの隠された真実に気づくことだろう。 <br> <br> <br> ## 根拠1 鍾乳石が生えている。 これは説明するよりもまず写真を見てもらった方が早いだろう。 ![](https://i.imgur.com/Xc90ATp.jpg) お分かりいただけるだろうか? もう少しズームアップしてみよう。 <br> ![](https://i.imgur.com/AUXNl3T.jpg) ![](https://i.imgur.com/DLKekUH.jpg) <font size=8px>なんだこれは鍾乳石じゃないか!!!</font> 長さは推定でも約10cmほどはある。 鍾乳石は1cm伸びるのに10年かかるらしいので、約100年前にでき始めた鍾乳石だと考えられる。 <br> > 鍾乳石(しょうにゅうせき、英: stalactite)は、洞窟内部に形成される堆積物[2]。洞窟の壁や天井からつらら状に垂れ下がるつらら石(氷柱石)を指すこともあるが、学術的には区別すべきとされている[2]。(Wikipediaより) よって、鍾乳石が生えるここは鍾乳洞。 <br> <br> ## 根拠2 鍾乳洞への入り口が存在する ![](https://i.imgur.com/StHt3dQ.jpg) ![](https://i.imgur.com/YgrBsq0.jpg) <font size=5px>はい、ここが入り口です。</font> <br> <br> ## 根拠3 51号館地下に大学とは思えない地下空間が広がっている。 あまり知られていないが、51号館の地下には地下空間が広がっている。 今回我々は命の危険を冒して、実情を皆さんにお伝えするべく調査を行ってきた。 ではご覧いただこう。 <br> ![](https://i.imgur.com/l6EoSey.jpg) ![](https://i.imgur.com/O6UGx7S.jpg) ![](https://i.imgur.com/m9V7Vc1.jpg) <br> <br> ![](https://i.imgur.com/eoqcyvd.jpg) やはりこの場所にも多少の鍾乳石が生えているようだ…。 <br> <br> <font size=10px>ね?鍾乳洞でしょ?</font> <br> <br> ## 根拠4 大自然トイレがある。 みなさんは山や森に出かけたことがあるだろうか。 大体そういう場所のトイレはわりかし開放的で、外から多少便器が見えたりするものもあるだろう。 <font size=4px>もちろん理工キャンパスも鍾乳洞なので、<font size=6px>がっつり外から便器が見えます。</font></font> <br> <br> ![](https://i.imgur.com/ZF0iOJu.jpg) ![](https://i.imgur.com/sXokxdG.jpg) ![](https://i.imgur.com/n1m6okl.jpg) 外から見えるんだから、まぁ中から外の通路も見えるんだよね。 <br> <br> ## 根拠5 常時水が垂れてくる。 鍾乳石は水が滴り落ちることによって作られる。 > 鍾乳石の誕生は、炭酸カルシウムで飽和した一滴の雫から始まる。水滴がしたたりおちるとき、まず方解石の微小な晶出/沈殿が水滴の円周に沿ってリング状に天井面にできる。後から垂れてくる水滴は前のリングの先に新たなリングを次々に沈着させ、次第にそれが伸びていく。こうしてリングから細い(0.5~0.6mm)管状のものに成長し、鍾乳管(ソーダストローあるいは単にストロー)と呼ばれる中空状の細長い鍾乳石が生まれる。 (Wikipediaより) もちろん鍾乳洞であるここも例外ではない。<font size=6px>水が滴り落ちるのだ。</font> ![](https://i.imgur.com/966igg9.jpg) <div style="text-align:center;">滴り落ちる水でぬれた地面</div> <br> ![](https://i.imgur.com/ScjRxtW.jpg) <div style="text-align:center;">排水路が整備されていないため置かれたバケツ</div> <br> <br> ## 根拠6 死亡事故が発生することもある 鍾乳洞には様々な危険が潜んでいる。 時には死亡事故が発生することもある。 理工キャンパスの51号館でもかつて飛び降り自殺があったとのうわさも…。 ![](https://i.imgur.com/R0yDFBj.jpg) <br> <br> この張り紙はここから先の区域が社会文化領域を脱し、命の保証はできないということを意味しているのだろう。大変な場所である。 ![](https://i.imgur.com/VZqGCDb.jpg) <br> <br> ## 根拠7 狭い。 天然の鍾乳洞にはもちろん狭い場所が存在する。 狭い所はもちろんのこと一方通行である。 ![](https://i.imgur.com/gi6WFjk.jpg) ![](https://i.imgur.com/bgvCmD0.jpg) ゆえにこの**トイレ**も狭いので一方通行である。 ![](https://i.imgur.com/2wJrIz1.jpg) <div style="text-align:center;">上の写真のドアからの写真。肩幅ほどの狭さである。</div> <br> <br> ## 根拠8 ライトアップされる。 鍾乳洞には、入場料 ~~(入学費)~~ を取るところもあることをご存じであろう。 この鍾乳洞は**そのタイプ**である。 鍾乳洞に通う観光客が払うお金によって、夜にはきれいにライトアップされるのである。 ![](https://i.imgur.com/znTfhWB.jpg) <div style="text-align:center;">光る学費</div> <br> <br> ## 根拠9 寒い。 鍾乳洞が言わずもがな温度管理などされていない。 理工学術院でも温度を中央一括管理されているらしいが、冬は凍るほど寒い教室があり中央管理の恩恵を受けたことがないので実質無いも同然。 <br> <br> ## ガバガバアナグラム 最後にアナグラム君で閉めるとしよう。 まず、「鍾乳洞」の鍾を金と重に分割し、乳洞を平仮名にする(大小区別なし)。 鍾乳洞 ↓ 金重にゆうどう ↓ 金重に誘導。 「金」はもちろん早稲田大学理工学部が誇る高額な学費を意味している。 「重」はみんな大好きな福沢諭吉ではなく、我らが早稲田大学創設者の大隈重信を指している。 <font size=6px>つまり、「これは早稲田大学に入学せよ」という大隈大先生からのメッセージだったのだ!!! <br> みんなも鍾乳洞のように薄暗い校舎で圧倒的成長をして、輝かしい社会へと羽ばたこう!</font> 以上!終わり!閉廷!! <br> <br> # 来週のサザエさん ![](https://i.imgur.com/XAN2urs.png) 来週のオダマキさんは、「ジョジョラーが行く!」と「イタリア旅行記」と「(仮)」の3本です # AA <div style="font-family: monospace; color: orange; background: black; line-height : 1em;"> &nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;.,-:;//;:=,<br> &nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;. :H@@@MM@M#H/.,+%;,<br> &nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;,/X+&nbsp;+M@@M@MM%=,-%HMMM@X/,<br> &nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;-+@MM;&nbsp;$M@@MH+-,;XMMMM@MMMM@+-<br> &nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;;@M@@M-&nbsp;XM@X;.&nbsp;-+XXXXXHHH@M@M#@/.<br> &nbsp;&nbsp;,%MM@@MH&nbsp;,@%=&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;.---=-=:=,.<br> &nbsp;&nbsp;=@#@@@MX&nbsp;.,&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;-%HX$$%%%+;<br> &nbsp;=-./@M@M$&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;.;@MMMM@MM:<br> &nbsp;X@/&nbsp;-$MM/&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;.+MM@@@M$<br> ,@M@H:&nbsp;:@:&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;.&nbsp;=X#@@@@-<br> ,@@@MMX,&nbsp;.&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;/H-&nbsp;;@M@M=<br> .H@@@@M@+,&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;%MM+..%#$.<br> &nbsp;/MMMM@MMH/.&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;XM@MH;&nbsp;=;<br> &nbsp;&nbsp;/%+%$XHH@$=&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;,&nbsp;.H@@@@MX,<br> &nbsp;&nbsp;&nbsp;.=--------.&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;-%H.,@@@@@MX,<br> &nbsp;&nbsp;&nbsp;.%MM@@@HHHXX$$$%+-&nbsp;.:$MMX&nbsp;=M@@MM%.<br> &nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;=XMMM@MM@MM#H;,-+HMM@M+&nbsp;/MMMX=<br> &nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;=%@M@M#@$-.=$@MM@@@M;&nbsp;%M%=<br> &nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;,:+$+-,/H#MMMMMMM@=&nbsp;=,<br> &nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;=++%%%%+/;- </div> ###### tags: `AdventCalendar` <style> .item_text{ /*font-size:2rem;*/ display:inline-block; animation: key1 .3s ease infinite alternate; } @keyframes key1{ 0% {transform: translateY(0px);} 100% {transform: translateY(-10px);} } .purun { display:inline-block; animation: purun 0.8s linear 0s infinite; } @keyframes purun { 0% { transform: scale(1.0, 1.0) translate(0%, 0%); } 15% { transform: scale(0.9, 0.9) translate(0%, 5%); } 30% { transform: scale(1.3, 0.8) translate(0%, 10%); } 50% { transform: scale(0.8, 1.3) translate(0%, -10%); } 70% { transform: scale(1.1, 0.9) translate(0%, 5%); } 100% { transform: scale(1.0, 1.0) translate(0%, 0%); } } .poyooon { display:inline-block; animation: poyooon 0.9s linear 0s infinite; } @keyframes poyooon { 0% { transform: scale(1.0, 1.0) translate(0%, 0%); } 10% { transform: scale(1.1, 0.9) translate(0%, 5%); } 40% { transform: scale(1.2, 0.8) translate(0%, 15%); } 50% { transform: scale(1.0, 1.0) translate(0%, 0%); } 60% { transform: scale(0.9, 1.2) translate(0%, -100%); } 75% { transform: scale(0.9, 1.2) translate(0%, -20%); } 85% { transform: scale(1.2, 0.8) translate(0%, 15%); } 100% { transform: scale(1.0, 1.0) translate(0%, 0%); } } .star5 { display:inline-block; animation: r5 1s linear infinite; transform-origin: center center; } @keyframes r5 { 0% { transform: rotate(0deg); } 100% { transform: rotate(360deg); } } .color { animation: iroiroiroiroi 1.0s linear 0s infinite; } @keyframes iroiroiroiroi { 0% { color: magenta; } 33% { color: cyan; } 67% { color: yellow; } 100% { color: magenta; } } .wborder{ border:solid; } .soeki { display:inline-block; font-size: 30px; font-family: monospace; animation: soekitrain 5.0s linear 0s infinite; } @keyframes soekitrain { 0% { opacity: 0; transform: scale(1.0, 1.0) translate(-100%, 0%); background: white;} 25% { opacity: 1; transform: scale(1.0, 1.0) translate(0%, 0%); background: brown;} 60% { opacity: 1; transform: scale(1.0, 1.0) translate(0%, 0%); background: brown;} 75% { opacity: 1; transform: scale(1.0, 1.0) translate(50%, 0%); background: brown;} 100% { opacity: 0; transform: scale(1.0, 1.0) translate(150%, 0%); background: white;} } .soekipurupuru { display:inline-block; font-size: 30px; font-family: monospace; animation: soekinorenai 5.0s linear 0s infinite; } @keyframes soekinorenai { 0% { transform: scale(1.0, 1.0) translate(0%, 0%); } 74% { transform: scale(1.0, 1.0) translate(0%, 0%); } 75% { transform: scale(1.0, 1.0) translate(1%, 0%); } 76% { transform: scale(1.0, 1.0) translate(-1%, 0%); } 77% { transform: scale(1.0, 1.0) translate(1%, 0%); } 78% { transform: scale(1.0, 1.0) translate(-1%, 0%); } 79% { transform: scale(1.0, 1.0) translate(1%, 0%); } 80% { transform: scale(1.0, 1.0) translate(-1%, 0%); } 81% { transform: scale(1.0, 1.0) translate(1%, 0%); } 82% { transform: scale(1.0, 1.0) translate(-1%, 0%); } 83% { transform: scale(1.0, 1.0) translate(1%, 0%); } 84% { transform: scale(1.0, 1.0) translate(-1%, 0%); } 85% { transform: scale(1.0, 1.0) translate(1%, 0%); } 86% { transform: scale(1.0, 1.0) translate(-1%, 0%); } 87% { transform: scale(1.0, 1.0) translate(1%, 0%); } 88% { transform: scale(1.0, 1.0) translate(-1%, 0%); } 89% { transform: scale(1.0, 1.0) translate(1%, 0%); } 90% { transform: scale(1.0, 1.0) translate(-1%, 0%); } 91% { transform: scale(1.0, 1.0) translate(1%, 0%); } 92% { transform: scale(1.0, 1.0) translate(-1%, 0%); } 93% { transform: scale(1.0, 1.0) translate(1%, 0%); } 94% { transform: scale(1.0, 1.0) translate(-1%, 0%); } 95% { transform: scale(1.0, 1.0) translate(1%, 0%); } 96% { transform: scale(1.0, 1.0) translate(-1%, 0%); } 97% { transform: scale(1.0, 1.0) translate(1%, 0%); } 98% { transform: scale(1.0, 1.0) translate(-1%, 0%); } 99% { transform: scale(1.0, 1.0) translate(1%, 0%); } 100% { transform: scale(1.0, 1.0) translate(0%, 0%); } } .soekiyasashii { display:inline-block; transform: rotateY(180deg); } .homerun { font-size: 40px; display:inline-block; position: absolute; height: 160px; line-height: 40px; overflow: hidden; } .visible { overflow: hidden; height: 40px; } div .dabi { margin-top: 0; text-align: left; list-style: none; animation: change 2s infinite; } div p .dabi { line-height: 40px; margin: 0; } @keyframes change { 0% { transform: translateY(0%); } 50% { transform: translateY(-41%); } } </style> <!-- http://photoshopvip.net/93415 -->