12秒の動画を作るのに丸々3日かかった話 === この記事は[げんたろう Advent Calendar 2018](https://adventar.org/calendars/3328)の7日目の記事です。 この記事がツイートされる頃には僕は教室の前でコメントしているでしょう。53代動画班のはしどいです。 ![](https://i.imgur.com/YrDygtD.jpg) かわい~~~~~~~ 今回の動画、「動いてるのは分かるけど何が凄いの」「Live2dとやらがあればすぐできるんでしょw」と言われそうなので先手を打って記事を書いておきました。 ## 何故やろうとしたのか まず、別件の締め切りや課題やらが終わって発表会に向けて作るぞ!となったのが動画班締め切り1週間前でした。こんな短期間で1分半ほどのボカロPVやらMVやらは到底作れないので30秒ぐらいで密度を濃くしようと思い担当を動かすことに決めました。ダイマも出来る! # 1日目 素材の切り分け 元の画像がこれでした。([さくらふわり]相葉夕美) ![](https://i.imgur.com/G5WDWnB.png) そもそもの切り抜きは元々持っていたのでパーツを分ける作業からです。 当たり前かつ信じたくない事実なんですが、**パーツを動かすにはそのパーツを分離させなければなりません。** なので前髪から右手左手、目のハイライトまでフォトショと格闘して切り抜きました。さらに重なっている部分の書き足しもあるためちょこちょこ塗ったりしました。 前髪だけ抜粋して載せます。 ![](https://i.imgur.com/WfrsYNQ.png) 本当は髪の束ごとに切り抜いた方がよりリアルな髪の揺れを表現できるのですが、もう完全に心が折れてしまいました。また、元画像の口が小さく動かすとなると変になるので別のカードから口だけを切り抜いて口パクさせました。 # 2日目 パーツを動かす 一番重要かつ楽しい作業です。AEには画像などにピンを打つことでグリグリ変形できる**パペット**という素晴らしい機能があります。基本的にこれを使って髪を揺らしたり、まばたきさせたり、呼吸してる感じにさせました。まぁ要するに**そもそもLive2dは使ってません。** この技術はボカロ企画でも活用していて、そっちは絵をパーツ分けしていないのですがそれでも魂が宿ったような感じがします。 # 3日目 その他 カメラワーク、桜のエフェクト(素材拾ってきただけ)、色調補正などなどです。特筆すべきことはありません # おわりに CMっぽくするためにカードを並べて演出したり音声素材拾ってきてREAPERで編集したりなど諸々あったので全体的には3日よりもう少しかかりましたが、主に時間を食われたのが担当に命を吹き込む作業です。 なんか苦労が伝わらなさそうだなぁと思ったのでこの記事を書きました。完全に自己満足です。次動かす機会があれば書き足す技術力も身に着けておきたいものです。作業量的に二度とやりたくありませんが… 最後に副産物を載せて終わります。ありがとうございました。 明日は[velさんの記事](http://velengel.hatenablog.com/entry/2018/12/08/000000)です。 ![](https://i.imgur.com/GKqlDM8.png) ~~この画像をレンダリングしたらAEが固まりました。恐ろしいですね~~